「家」が怖い!おすすめホラー映画リスト

「家」が怖い!おすすめホラー映画のアイキャッチ画像

限定的な「家」を舞台としたホラー映画は数多い。

古くはロバート・ワイズの『たたり』、エポックとなったトビー・フーパー(スピルバーグじゃねーからな)の『ポルターガイスト』、近年でもジェームズ・ワンの『インシディアス』と『死霊館』シリーズなどによって現代へとよみがえり、広義でとらえればあの『ホーム・アローン』だって立派な「家」ホラーだ。

今回は我々人間にとっての生活の根幹であるがゆえ密接に恐怖とも結びつく、「家」を舞台としたおすすめホラー映画を借家からご紹介してみたいと思います。

ランキングではなく年代順で、新たに発見したり、なかば腐った脳ミソが急に思い出したりしたら随時、本記事へと投下していくつもりですので、どうぞよしなに、よしなに。

スポンサーリンク

おすすめ「家」ホラーはこちら!

何がジェーンに起ったか?

映画『何がジェーンに起ったか?』の画像
(C)Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 1962年/アメリカ/134分
  • 監督:ロバート・アルドリッチ
  • 出演:ベティ・デイヴィス/ジョーン・クロフォード

逃れられない「家」で長年にわたって繰り広げられる姉妹の愛憎劇!

人気子役から一転して大根女優へと落ちぶれ、頭がおかしくなった妹ジェーンと、彼女の陰から脱して実力派人気女優となりながら、不慮の事故によって車椅子生活を余儀なくされた姉ブランチ。

そんな姉妹が古い屋敷で繰り広げる戦慄の愛憎劇を描いたサイコスリラー。

男臭いアクション映画を得意とする職人アルドリッチ(『北国の帝王』『ロンゲスト・ヤード』など)が、ギットギトに濃いぃ老女姉妹の心理バトルを描いたサイコビディものの傑作で、こいつがまた怖いんだわ!

下半身不随で自由に身動きが取れない姉と、そんな彼女の介護をする完全に狂った妹との、どちらが上か下か、光か陰か、生きるか死ぬかの壮絶なる玉の取り合い!

死んでも忘れてやるもんか!

見どころ
  • うかうか飯すら食えない陰湿なる復讐劇!
  • 妹ジェーンを演じたベティ・デイヴィスの顔芸が凄い!
  • 撮影中に行われた二大女優の実録バトルを知ればなお怖い!

動画配信

『何がジェーンに起ったか?』はU-NEXTにて定額見放題配信中です。

テナント/恐怖を借りた男

映画『テナント/恐怖を借りた男』の画像
(C) 1976 Marianne Productions. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright (C) 2015 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
  • 1976年/フランス、アメリカ/126分
  • 監督:ロマン・ポランスキー
  • 出演:ロマン・ポランスキー/イザベル・アジャーニ

運命に導かれるようにその「家」へとやって来た変態男が見る不条理な悪夢!

パリの古ぼけたアパートの一室を借りることになったポーランド系の移民トレルコフスキー。

しかし、その部屋の前の住人が飛び降り自殺を図った事実を聞かされたことをきっかけとし、度重なる近隣トラブルの果てに常軌を逸した奇行へと走る男の姿を描いたサイコスリラー。

どこに出しても恥ずかしくない変態であるポランスキーが、自身の変態性と強迫観念を悪夢的イメージの洪水として描き出した、変態難解不条理爆笑劇で、ひたすら不穏で不気味で恐ろしいんだけどめちゃくちゃ笑えるという、愛すべき変態の永劫回帰なのだこれは!

見どころ
  • 不気味なアパートを冷たく映し出すスヴェン・ニクヴィストの映像美!
  • トレルコフスキーの心理的不安が極限へと達した瞬間のゆがんだ部屋を見よ!
  • 変態ポランスキーを知ればもっと怖くて面白い!

シャイニング

映画『シャイニング』の画像
(C) 1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 1980年/イギリス、アメリカ/143分(全米公開版)119分(コンチネンタル版)
  • 監督:スタンリー・キューブリック
  • 出演:ジャック・ニコルソン/シェリー・デュヴァル

巨大な「家」へと引き寄せられた男による狂気の戦慄顔面芸!

冬のあいだは閉鎖されるコロラド州の山上にあるオーバールックホテル。

小説家志望のジャック・トランスは管理人として家族とともにそのホテルを訪れたのだが、やがてジャックの心は狂気へと蝕まれてゆき、恐ろしい凶行へと身をゆだねるという言わずと知れた傑作ホラー。

天才的映像作家が本気でホラーを撮ったらとんでもない代物が出来上がったという、トラウマ必死な傑作中の傑作ホラー。

厳密に言うと「家」ではなく「ホテル」なのだが、これも広義にとらえれば「家」であり、家族が主体であり、一家の長であるべき父親の現実逃避であり、邪魔者は皆殺しだ!であり、ウェンディ~であり、つまりはトラウマであり、傑作なのであるよ!

見どころ
  • 廊下が!双子が!エレベーターが!血の海が!
  • 何がなんでも一点透視図法!シンメトリーが何ゆえこうも怖いのか!
  • 言わずもがなのジャック・ニコルソン!この顔だけでお腹いっぱい!
動画配信

『シャイニング』はU-NEXTTSUTAYA TVHuluにて定額見放題配信中です。

屋敷女

映画『屋敷女』の画像01
(C) 2007 LA FABRIQUE DE FILMS- BR FILMS
  • 2007年/フランス/83分/R-18
  • 監督:アレクサンドル・バスティロ/ジュリアン・モーリー
  • 出演:アリソン・パラディ/ベアトリス・ダル

臨月を迎えた妊婦の「家」へと侵入してくるハサミ女の狂気の愛!

最愛の夫を自動車事故によって失った妊婦のサラ。

その4か月後、出産を控えた彼女の自宅に現れた謎のハサミ女。

女の素性も、目的も不明だが、執拗にサラの腹部へと攻撃を仕掛けてくる女との生きるか死ぬかの壮絶な血みどろバトルを描いた最凶バイオレンスフレンチホラー。

一軒の「家」を舞台に繰り広げられる、風船のようにパンパンに膨らんだ腹部と刃物のように切れ味鋭いハサミとの夢のコラボレーション。

この取り合わせだけでポンポンが痛くなるいつ破裂してもおかしくない冷や汗あぶら汗なのだが、この映画の偉いところはそんな危険な予感では終わらない、直接的な地獄の現出へと振りきれた容赦のない人体破壊描写にあるのです!

あまりに破壊しすぎてレンタル版では肝心な部分にでっかいモザイクがかかっておりますが、セルDVDのアンレイテッド版なら無修正ですので、ありのままを拝みたいという剛毅な方はどうぞお試しあれ。

見どころ
  • 尋常ではなくよく切れるハサミと編み棒の活躍に括目せよ!
  • ハサミ女ことベアトリス・ダルの痺れるルック!
  • これはバッドエンド?いやいやハッピーエンドでしょう!

ドント・イット

映画『ドント・イット』の画像02
(C)Samson Films Limited 2016
  • 2016年/アイルランド、イギリス/99分
  • 監督:リアム・ギャヴィン
  • 出演:キャサリン・ウォーカー/スティーヴ・オーラム

ある目的のために購入した「家」で延々と教示されるトンデモ魔術教室の怪!

3年前に息子を殺されたソフィアは、息子の声をもう一度聞くために黒魔術へと手を染め、郊外の一軒家を購入。

そこで怪しい黒魔術師とともに引きこもり、いつ成就するとも知れない謎の儀式へと邁進するというオカルトホラー。

郊外の一軒家を舞台に、ふたりっきりの登場人物が、何やら謎めいた儀式へとひたすら没入していく姿を淡々と、しつこく、ふいに美しく、エロく、バカバカしく、悲しく、最後に一瞬だけ地獄を覗きみて訪れる長い長い悔恨の果ての魂の浄化。

何も起きない時間がひたすら長いのでダメな人はダメかもしれないが、ハマると膝を打つ異色の面白さなのだ!

見どころ
  • 怪しい黒魔術師ソロモン氏のキモメンぶりと変態っぷりが愛らしい!
  • 音響、音楽、なにげに美しい映像も含めた想像させる恐怖描写!
  • ラストに登場する「あいつ」のインパクトが絶大!これを見るためにも踏ん張れ!
動画配信

『ドント・イット』はビデオマーケットにて配信中です(追加課金)。

マザー!

映画『マザー!』の画像
(C)2017, 2018 Paramount Pictures.
  • 2017年/アメリカ/121分/PG12
  • 監督:ダーレン・アロノフスキー
  • 出演:ジェニファー・ローレンス/ハビエル・バルデム

大切に育ててきた私の「家」を土足で踏みにじる愚かな人間どもよ!

郊外の一軒家でふたりだけの生活を送るスランプ気味の詩人とその妻。

そこにひとりの男が現れたことをきっかけとし、男の家族、親類縁者、友人、マスコミ、ファン、警察、軍隊どもが入り乱れて傍若無人の限りを尽くすという不条理スリラー。

丹精込めて理想の「家」を造ろうと努める詩人の妻。

そんな彼女の「あたしんち」を土足で踏みにじる有象無象のキ○ガイどもと我が夫。

徹頭徹尾、彼女に張りついたカメラによって疑似体験させられる愚かな人間どもによるマザーへの虐待行為。

なんのこっちゃわからんかも、なんのこっちゃわからんかもしれんが、滅多に味わえない映画体験であることは確実であり、ただそのカオスに身をゆだねるだけでも至福なのじゃよ……。

見どころ
  • 世界一有名な書物になぞらえた不条理劇のなんたる不穏さ!胸糞悪さ!
  • 妻と連動している「家」のメタファーの嵐!
  • 我ら人類の歴史を一気見したようなクライマックスの混沌はもはやアトラクション!
動画配信

『マザー!』はAmazonビデオにて定額見放題配信中です。

おすすめ「家」ホラーまとめ

「家」系ホラーの定番と言えば「呪い」や「心霊」系なのですが、その手のホラー映画はやや食傷気味で、たまには違う味も楽しんでいただきたいという理由でこのようなセレクトとなりました。

最初に書きましたとおり新たな「家」ホラーを発見したり思い出したら、随時この記事へと投下していくつもりですので、気が向いたらまた遊びにいらしてください。

そこのあなたに新たなホラー映画との出会いを提供できたら本望なのですあたくしゃ!

注意

本記事の情報は2019年1月時点のものですので、最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

その他のおすすめジャンルホラー映画

ジャンル別おすすめホラー映画
スポンサーリンク
HB

HBです。固くも柔らかくもないちょうどいい奴です。ホラー映画ばっか観ているホラー映画バカで、お肉が大好物。

HBをフォローする
HORROR-BAKKA