2021年公開おすすめホラー映画はこちら >

メタモルフォーゼ/変身

映画『メタモルフォーゼ/変身』の画像

その悪意は擬態する。

前置き

本記事では映画『メタモルフォーゼ/変身』の作品情報、あらすじ、感想と評価、おすすめポイントを紹介しております。ネタバレ?それはとどのつまり主観の相違です。

スポンサーリンク

作品情報

原題변신
Metamorphosis
製作2019年/韓国
レイティングPG12
上映時間113分
監督キム・ホンソン
出演ペ・ソンウ
ソン・ドンイル
チャン・ヨンナム

あらすじ

新居へと引っ越したばかりの家族を襲う不可解な現象の数々。怪しい隣人、不気味な気配、そして突如として豹変する家族の奇行。困り果てた父親は神父をしている弟のジュンスに助けを求めるが、ジュンスは過去の悪魔祓いの失敗により少女を死なせてしまったトラウマを抱えていたのだった……。

感想と評価

家族の姿へと変身(メタモルフォーゼ)し、その絆や信頼、愛情をズタボロに引き裂いてくる悪魔と対峙する、トラウマを抱えた神父の命をかけた闘いを描いた韓国製オカルトホラーです。

監督は『共謀者』で青龍映画賞の新人監督賞を受賞した実力派キム・ホンソンで、主演は『奴隷の島、消えた人々』のペ・ソンウ、共演には『カエル少年失踪殺人事件』のソン・ドンイルなど。

プリースト 悪魔を葬る者』や『ディヴァイン・フューリー/使者』などの韓国版エクソシスト映画の系譜作で、雰囲気としては『哭声/コクソン』なんかとも通じるものを感じますが、本作の特徴は悪魔が家族の姿へと擬態し、その絆や信頼や愛を破壊しにかかる疑心暗鬼にあるかと思います。

父の、母の、娘の、息子の姿そのままで行われる奇行、蛮行、凶行の数々によって引き裂かれていく家族の絆

ベッドで眠る娘へと近寄る父親の舌なめずりなんて白眉だとは思いますが、そこからのもう一歩、疑心暗鬼からこぼれ出てくる家族の暗部をもっと浮き彫りにできていたら、家族の崩壊と再生のドラマとして機能していたとは思うのですが、正直そこがかなり物足りない。

擬態による疑心暗鬼を根底に据えた基本設定は良いのですが、それをもっと活かすための展開、構成で失敗してしまった印象で、それなのに家族の愛で押し通そうとするごり押しに無理が生じ、「いやいや無理無理、もう無理」ってなっちゃうんですよね。

だいたい満を持して国外から呼び寄せた凄腕エクソシストのくだりは必要だったのか?

これは本当に無駄以外の何ものでもない余計な尺伸ばしで、要所要所で選択すべき方向を間違っているのが本当に惜しいというか、無念というか、単なるアホというか。

いちばんアホな選択は地下の焼却炉で、家族の愛へと落とし込むつもりなのになぜこれを選択したのかアホとしか言いようがありません。

「いやいや無理無理、もう無理」ってそりゃなっちゃうよ~ん♡

HORROR-BAKKA的評価
2.0
世間様の評価(Filmarks調べ)
3.1

おすすめポイント

  • 家族に擬態した悪魔の言動はけっこう痛いところをついてくるのだ!
  • 悪魔憑きの顔面、血の量、アンチクライスト的儀式のきったなさはキモさ満点で、とりわけ不気味な隣家に鎮座するぱっくりヤギさんは必見よ♡(動物好きは注意)
  • 悪魔憑きの象徴として家族の誰かが突如としてケツアゴ化する瞬間を見逃すな!

DVD&Blu-ray

VOD/動画配信

メタモルフォーゼ/変身』が配信されているVODはこちら(2021年2月現在。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください)。

予告編動画

メタモルフォーゼ/変身

(C) 2019 ACEMAKER MOVIEWORKS & DANACREATIVE CO.,LTD. All Rights Reserved.

2021年公開おすすめホラー映画