2021年公開おすすめホラー映画はこちら >

ハッピー・デス・デイ

映画『ハッピー・デス・デイ』の画像

時を駆けるビッチに明日は来るのぉぉぉ?

前置き

本記事では映画『ハッピー・デス・デイ』の作品情報、あらすじ、感想と評価、おすすめポイントを紹介しております。ネタバレ?それはとどのつまり主観の相違です。

スポンサーリンク

作品情報

原題Happy Death Day
製作2017年/アメリカ
レイティングG
上映時間96分
監督クリストファー・ランドン
出演ジェシカ・ロース
イズラエル・ブルサード
ルビー・モディーン
レイチェル・マシューズ

あらすじ

9月18日の月曜日。自身の誕生日の夜に謎の覆面殺人鬼によって殺された女子大生ツリー。しかし、次に目覚めた先も同じ月曜日の同じ朝で、誕生日の夜に必ず殺されるタイムループへとハマり込んでしまったことを悟ったツリーは、なんとかこの因果から逃れるすべを探るのだったが……。

感想と評価

傲慢で自己中なビッチ女子大生が、誕生日の夜に殺人鬼によって殺される1日を延々と繰り返す、悪夢のタイムループへとハマり込んでしまった恐怖を描いたSF青春スラッシャーコメディです。

良質なホラー系作品を数多く発表しているブラムハウス・プロダクションが贈る意外な全米スマッシュヒット作で、監督は『ゾンビーワールドへようこそ』の新鋭クリストファー・ランドン。

美女が謎の殺人鬼に襲われるスラッシャー映画に、同じ1日を何度も繰り返すSF的タイムループ設定を盛り込み、青春と恋愛とコメディによってポップな味付けを施した、日本でも意外な好評を得た新感覚スラッシャー映画で、確かにこのポップさは万人に好かれるでしょうね。

この手の映画の常として少々設定はザルですし、ポップさと引き換えにスラッシャー映画の肝である血生臭さも脱色されているのですけど、まあそれゆえの面白さ、ホラーキチガイ以外を取り込むポップな間口の広さがあり、これはもう秀逸なアイデアの勝利だと言えるでしょう。

純粋なホラーキチガイにとっては正直少々物足りないヌルさもあるのですが、いけ好かないビッチが何度も殺され、同じ1日を繰り返すうちに、徐々に人間的成長というかある種の更生を果たしていく姿には確かにカタルシスがあるのですよね。

より良き人間になることを説く説教臭さは、ある意味ホラー映画にとっては諸刃の剣ともなるのですが、本作はそのへんの塩梅をギリギリのラインで保っており、劇中のラストでも言及されているとおり、ホラー版『恋はデジャ・ブ』的良作だと言って差し支えないでしょう。

そのへんのバランス感覚が大きく崩れ出してしまうのは続編からのお話で、本作はあくまでホラーの枠内における青春SFコメディとして非常に優秀な作品だったと思います。

ただね、ビッチだっていいじゃない!ビッチの何が悪いのさ!

HORROR-BAKKA的評価
3.0
世間様の評価(Filmarks調べ)
3.8

おすすめポイント

  • スラッシャー映画と青春SFコメディを融合させるというアイデアは意外と凄い発明よね!
  • ツリーの多種多様な死にざまを堪能しましょうぞ!
  • 更生するビッチの爽やかなポップ感覚にちょっとおじさまもホッコリよ♡

DVD&Blu-ray

VOD/動画配信

ハッピー・デス・デイ』が配信されているVODはこちら(2021年1月現在。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください)。

予告編動画

『ハッピー・デス・デイ』予告編

(C) 2017 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ハッピー・デス・デイ』シリーズの感想
おすすめスラッシャーホラー