血のバレンタイン

映画『血のバレンタイン』の画像

聖バレンタインの日に次々と起る惨劇!!つるはしで、ドリルで、無差別に人を襲い、殺しては心臓をえぐり出す黒い殺人鬼!

前置き

本記事では映画『血のバレンタイン』の作品情報、あらすじ、解説、評価、おすすめポイントを紹介しております。ネタバレ?それはとどのつまり主観の相違です。

スポンサーリンク

作品情報

原題My Bloody Valentine
製作1981年/カナダ
上映時間90分/93分(完全版)
監督ジョージ・ミハルカ
出演ポール・ケルマン
ロリ・ハリアー
ニール・アフレック

あらすじ

アメリカ東部の小さな炭鉱町で、バレンタインの夜に起きた血塗られた惨劇。鉱山事故によって気が狂った男ハリー・ウォーデンによって真っ赤に染まった呪われたあの日。20年後、事件のことをすっかり忘れたこの町にあの男がつるはし片手に帰ってくる……。

解説と評価

バレンタインでキャッキャウフウフ、胸をモミモミ、股間をモリモリさせているリア充どもは皆殺しだ!と、ガスマスクでコーホーコーホー言いながら、つるはし片手に新鮮な心臓をえぐり出し、町の田舎っぺどもに呪われたバレンタインをお届けする黒い殺人鬼の神出鬼没を描いた、1980年代を代表するわけなどないスラッシャー映画です。

いわゆる『13日の金曜日』チルドレンとしてのタケノコ感やドジョウ感をヒシヒシと感じさせる珍品で、アンフェアどこ吹く風の真犯人や、暗くてよぐわがんねー画面が悪評を集めたりもしておりますが、個人的には殺しの美学に魅力を感じる血塗られた逸品。

劇場公開当時、あまりの残酷さに本国カナダとアメリカではカット版での公開となり、当時ゆるゆるであった我が日本のみ完全版が公開されたとのこと。しかし時は流れた現在、国内で視聴できるのはカット版のみであり、完全版はつたない英語力で輸入盤に頼るしかすべはなし。

ただしゴアがあることに越したことはないが、本来それがある場所が削られたことによる空白の違和感と想像力の刺激もまた乙なもんで、カット版はカット版で十分に見ごたえあり。真犯人も確かに無理がありますが、その背景と退場ぷっりはキレッキレですねんで♡

アイルランドのロックバンド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのネタ元。2009年にはなぜか3Dによるリメイク版も製作。

評価
3.0

おすすめポイント

  • 豊富な殺しのレパートリー!
  • とっても乙女でジューシーなハートのプレゼント!
  • 哀愁を誘うエンディング曲は必聴!

(C)1981 The Secret Film Company, Inc. All Rights Reserved. TM,(R)& Copyright (C)2009 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

スラッシャー
スポンサーリンク
HB

HBです。固くも柔らかくもないちょうどいい奴です。ホラー映画ばっか観ているホラー映画バカで、お肉が大好物。

HBをフォローする
HORROR-BAKKA